私のダイエット成功ストーリー

引っ越してから5年目には見事に100キロの大台に乗った

私がダイエットをしようと決意したのは、40歳の誕生日のことでした | 引っ越してから5年目には見事に100キロの大台に乗った | 体重は80キロ台まで下がっていた

30代までは東京で生活していたため電車通勤で往復2時間、仕事も営業だったので基本的に歩くことが多かったのですが、30代の終わりに思い切って地方に転職したのです。
早朝から夜遅くまで人ごみの中をかき分けて生活するのが苦痛であったことや、せっかく結婚して家族が増えても肝心の家族と過ごす時間が持てなかったことが転職した理由です。
転居先は北海道の地方で、仕事は一から覚えなければなりませんでしたが、ほぼ定時に仕事が終わるので家族と過ごす時間が増えたので転職して良かったと思っています。
しかし、生活スタイルは大きく変化しました。
東京での生活と最も異なる点は歩かなくなったことです。
北海道に引っ越してからは通勤や買い物など車が必須です。
そのため万歩計を持ち歩いていますが、最も少ない日は1日200歩程度だったこともありました。
それに伴い体重も増加してしまい、引っ越してから5年目には見事に100キロの大台に乗ってしまいましたので、将来のことも考えてダイエットを決意しました。
まず私が取り組んだのは、仕事から帰宅後にジョギングをすることです。
始めは30分くらいからスタートして慣れてきたら1〜1時間半を目安に汗を流しました。
また、これと同時に妻にお願いして肉は鶏のささ身や胸肉、魚は赤身にして、野菜を主体とした脂の少ない食事にしてもらいました。
すると、これを始めて1ヶ月もしたら、あっと言う間に3キロほど減量できたのです。
こうなってくると毎日体重計に乗るのが楽しみになります。
仕事中も休憩時間に周辺を散歩したり、家族で車で食事に出かけても帰宅途中で妻に運転を代わり歩いて帰るようにしました。

ダイエット1か月5キロダイエットを成功させる秘訣とは?